Gagging Blowjob(倒錯の寄生虫)

c0209138_16203353.jpg

 chikaが新連載を始めた小説「Gagging Blowjob(倒錯の寄生虫)」では、主人公が当面戦う相手(敵)の姿が、がすでに想定済み。その「敵」の行動は以下のニュースに顕れるような行為をもっと強大にしたもの。
 ただし誤解のないように前もって書いておくけれど、下のニュースに取り上げられた男達が、「大罪を犯す人間の敵である」という意味ではない。
 基本的にchikaのスタンスは彼らの衝動を理解し、いかに違うモノに転化させるかという所にあるから(最近、蝦頭で書いた文章の最終の会話を参照してもらえると嬉しい)。 chikaが問題にするのは、彼らを犯罪に駆り立てるその「欲望」、その「衝動」自体であるし、それらを深く理解しなければ何も始まらないと考えている。


「口の中を見たり、指を入れるのが快感」 女子暴行容疑の男逮捕
2009.9.18 19:45
 高校1年の女子生徒(15)につきまとい口をふさいだなどとして、埼玉県警川越署は18日、暴行容疑でふじみ野市亀久保、無職、中村工容疑者(38)を逮捕した。
 同署によると、川越市周辺では9月に入り、小学生の女児ら十数人が「口の中の写真を撮らせて」などと声をかけられる被害が相次いだ。中村容疑者は「口の中を見たり、指を入れたりするのが快感だった」と供述。同署は中村容疑者が声を掛けていたとみて、裏づけを進めている。
 逮捕容疑は14日午後9時ごろ、川越市藤原町の路上で女子生徒に「写真を撮らせて」などと声を掛けてつきまとい、悲鳴を上げた女子生徒の口を両手でふさいだ疑い。

「痛がる顔に興奮する…」 住宅街で女児殴った男の身勝手な動機
2010.1.16 07:00
 小学1年の女児が突然殴られ、重傷を負った現場=姫路市網干区 兵庫県姫路市で小学1年の女児の腹を殴って重傷を負わせた男が傷害容疑で兵庫県警に逮捕、起訴された。
 県警の調べに対して、男は「女の子の痛がる顔を見ると性的に興奮する」などと供述したとされる。姫路市や隣接する太子町では昨年9月以降、女児が殴られる事件が十数件発生しており、幼い子供を狙った悪質な犯行に地域住民は不安を募らせていた。
 姫路市網干区興浜の閑静な住宅街。捜査関係者によると、昨年9月19日、午後0時半ごろ、小学1年の女児(6)は自宅前で友達と虫取りをして遊んでいた。その日朝から自転車で女の子を物色していた男は、女児が1人になったときを見計らって突然腕をつかんだ。
 いやがる女児に対し、男は強引に腕をつかんで人気のない道に引きずっていった。男は手をふりほどいて逃げる女児を約50メートル追いかけ、腹部を素手で2発殴り、自転車で逃走した。
 自宅に帰った女児は、母親に「おなかを殴られた」と泣きながら訴えた。
 顔も唇も青ざめていたため、母親はすぐに救急車を呼んだ。女児は、肝臓から出血する重傷を負い、約2週間入院。
 その後も通院を続け、激しい運動もできずに体育の授業は見学、自転車に乗ることも控え気味という。母親は「ずっと落ち着かない状態が続いた。男の子がパンチする様子を見ると泣き出していた」と打ち明ける。
 昨年10月6日には、この現場から北約5キロの太子町矢田部の路上で、近くの小学3年の女児が後ろから歩いて近づいてきた男に素手で腹を殴られる事件が発生。同14日には、同町糸井の路上で小学4年の女児が、前から来た男にすれ違いざまに棒のようなもので腹を突かれる事件が起きた。
 目撃情報などから1人の男が捜査線に浮上したのは昨年10月中旬。同県加古川市平岡町、無職、勝田州彦(くにひこ)被告(31)だった。
 昨年12月6日午前7時半、勝田被告の自宅に捜査員が出向いた。
「女児が殴られている事件がある。任意で事情を聴かせてくれ」という捜査員の要請に勝田被告はあっさりと応じた。その後、調べに対して「間違いありません。自分がやりました」と、素直に容疑を認めたため、網干署などが傷害容疑で逮捕した。
 逮捕を受け、周辺住民は安堵したものの、怒りは収まらなかった。小1女児の母親は「どうしてこんなひどいことができるのか考えられない。本当に許せない」と憤った。
 動機について、勝田被告は「女の子が痛がる顔が見たかった。痛がる顔を見ると、性的興奮が得られる」などと供述し、自宅からは女児が登場するSMのアニメビデオなどが見つかったとされる。
 父親は警察官OBで、母親も元警察職員だったという勝田被告。専門学校で英語を勉強した後、米国に短期留学したこともあったという。
[PR]
# by saienji | 2010-01-21 16:23 | smf

「I saw a movie.」について

c0209138_1703947.jpg「I saw a movie.」はSMf内にある、chikaの書籍と映画のレビューコーナーです。

 例えば平山夢明氏の「独白するユニバーサル横メルカトル」についてはこんな感じ。

 chikaが中学生になりたての頃に、仲間内で残酷ものブームってゆーのがあって、(その頃のchikaのお友達ってオタク坊やばっかだから)「本当は怖い」系の話で盛り上がって次に残酷処刑の本やら秘密ビデオの貸し回しだとか・・やってましたね。
 その中で一番印象に残ってて思わずオナニーしちゃったのが、一番マニアックな友人から回ってきた秘密ビデオ。
 秘密って、、まあ単純に、親に黙ってレンタルした成人向けビデオを友人がダビングしたやつなんだけどね(笑)。
 タイトルは今でも鮮明に覚えてて、「ギニーピッグ4 ピーターの悪魔の女医さん」ってゆーやつ。
 1989年連続幼女誘拐で逮捕された宮崎勤がこのビデオシリーズを所有していたことから、猟奇殺人者に影響を与えたビデオとして、槍玉に上げられた奴です。その結果、ギニー・ピッグ・シリーズは暫く発禁処分くらってたんです。
 「ピーターの悪魔の女医さん」の内容って、お察しの通りあのピーターさんが変態女医を演じるグログロビデオなんだけど、友人達の中ではピーターがどうのってユー事じゃなくって「昔一世を風靡した(ギニーピッグ)シリーズを俺は全部そろえているんだぜ。」みたいなノリだったんですね。
 で密かに心に病を持ったchikaだけが、そーゆー部分からかけ離れた所でこのビデオを楽しんでいたわけです。
 特にピーターが黒のラバーワンピースを着てつけ爪に仕込まれたメスで血まみれになりながら男の皮膚を剥がしていくシーンは何度も何度も見ましたよ。
 身体にピッタリしたラバーのせいでピーターの胸の盛り上がりがパッドだって判って余計に興奮しちゃって、、、あのヘヤースタイルいいなぁ、ウィッグ?ああ、、あのドレスの股間部分のラバーの下には僕と同じおちんちんがあるんだぁ。
 おちんちんも、おちんちんがこすれてるゴムの裏地も舐めてみたいよー、、僕もあんなラバー着たい。あんなウィッグ欲しい!僕も早くピーターみたいになりたい!!とか妄想が膨らんでそりゃもう大変でした(笑)。
 で、この秘密ビデオを返すとき「でどうやった?」と問う友人に対して「(マンホールの中の人魚)の方が好きやな。やっぱし日野日出志は凄いやん。」とか逃げを打ったりして(笑)。
 こういった類のビデオや小説には、極端な人体破壊や変形が登場するんですが、今思うと、グロに惹かれる自分の意識下では、ピーターは男の身体を破壊され、女(とゆーよりオンナに模した生き物)に変形された存在だったりして。
 少なくとも自分の変身のベースには「性同一性障害」みたいな傾向より、はるかにこー言った願望とゆーか、衝動に身をゆだねている部分があったのかなぁと分析しちゃったりします。

・・・前置きがかなり長かったみたいですね。それでは早速、この短編集の中では違う意味で面白かった「すさまじき熱帯」の感想から。

 もっとも違う面白さと言っても「すさまじき熱帯」も他の短編以上に充分グロで、ここで言いたいのはこの短編にプラスアルファされてる「筒井康隆流のドライブ感」なんですね。
 主人公達が訪れる熱帯の現地語を、耳解釈でやると訳の分からない日本語になって、それを意識的に作者が多用するので、読者の方は、音楽的な不思議な感覚が発生するわけです。
 もちろんその音楽はクラッシックではない(笑)、多分、下手くそな素人の田舎ラップ。ストーリーは多くの方が仰るように『地獄の黙示録』が下敷き、でも主人公の父、ドブロクが王国に潜り込んだ後半、chika的変貌を遂げるのは作者の悪趣味なお遊び(笑)。
 とにかく印象に残るのはありとあらゆるモノがカタストロフィに向かって騒々しくグロテスクに疾走していく世界と、それを唖然と見つめるしかない私(読者)という緊張関係が、見事にこの一編では下手くそな田舎ラップのリズムと共に確保されているという点です。
 読者に「これは小説の作り事の世界で、本当の私は安全な世界に生きている」みたいな気持ちが生まれる隙も許さず、不条理に埋め尽くされた因果と共に、呆れる程のスピードで世界は腐り自らを破壊していく様を見せつけていくこの筆力。
 自分は絶対に傍観者である筈なんだけど、いつかこの不条理な破壊世界の生け贄になってしまうのではないかという不安さえ感じさせてくれます。

 その他、個人的に気に入ってしまったのが「怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男」。この短編は、平山夢明のある意味、潔い鬼畜世界にSMの哲学的転倒を持ち込んだ一編。
 とある女(ココ)の始末を請け負ったサイコな男が、彼女に凌遅処死を施すんだけど、いつもならギャアギャアと凄慘な悲鳴をあげる相手が、この女の場合、妙にアッサリしてて、件の拷問師はすっかりペースを乱されてしまう。
 でも、どうにかしてココをメタメタにしてやろうと次第に拷問をエスカレートさせていく拷問師なんだけど、彼がもがけばもがくほど「場」の主導権はココの方が握っちゃうわけ。
 足の指を全部切り落とされて代わりに5寸釘を打ち込まれそれを足の爪代わりにされるような状況の中で、ココが拷問師を追い詰めていくのは何故か?
 まあ「サドだけどマゾ、マゾだけどサドなSM女王様chika」みたいなSMの転倒が、彼らの間に拷問を通じて繰り広げられるわけですね。
 でもこーゆー話って鬼畜の所作に女性が絡んでくるから単にグログロにならなくてすむわけで、それを思うと「女性の生理」ってすっごく羨ましいなぁと思いましたね、、。
 なんたって幾ら頑張っても男の血には、「命」と深い部分で繋がっていくイメージがなくて結局、戦争とかの単純な暴力や消費しかないって感じだから。
[PR]
# by saienji | 2009-12-27 17:03 | smf

青い花

c0209138_17132172.jpg

以下の資料は、chikaが写真家土田ヒロミさんの写真集である「青い花」についての調べものをする途中、googlでキャッシュの形で発見したものです。
どうやらこの資料、現在では使われていないようなのですが、日本のトランスジェンダー文化を考える上で、非常に面白いものだと思いましたので、サルベージさせて頂きました。
下のデータベースの関係者の方で、何か問題があるようでしたら、ご連絡下さいませ。すぐに削除させて頂きます。(最遠寺近緒)


データベース:一般雑誌1971-1980年
[PR]
# by saienji | 2009-11-22 17:15 | smf

目川探偵事務所シリーズ

 SMfのメインとなる「目川探偵事務所シリーズ」の主人公リョウは想念的な「ふたなり」存在である。
物語は、女子高校生香代がある夏の日、数人の男達に手ひどいレイプを受け、身体的精神的ダメージによって植物人間状態として生きながらも、その昏睡の中で永遠に続く夢の中で、第二のバーチャルな人生を歩む描写で成り立っている。
 その夢の中で、香代は「男根」を所有する同性愛の高校生男子生リョウであり、その美貌を生かして女装して、自分のバイト先である目川探偵事務所で活躍するのである。
 ここまで書けばおわかりかと思うけれど、この物語は、ある意味、香代の再生物語であり、目川探偵事務所の目川純はリアル世界では香代の叔父であり、香代の父親に該当するキャラクターも夢想世界に登場する。 もちろんリョウが戦うべき相手は、レイプ犯であり、自ら手を下さないまでもそのレイプ現場を冷ややかに見つめ続けた「傍観者」である。
 この「目川探偵事務所シリーズ」を書いている間中、(実際には「ふたなり」を描きたかったというのでもないのだろうが)AV女優さんの股間にリアルな模造ペニスを装着させて撮ったAVが気になっていた。二村ヒトシ監督の代表作の一つでもある『男根少女  森下くるみはペニスが生えた夢を見るか?』だ。
 二村ヒトシ監督につてWIKIの記事をまとめ直してみると『 どの作品も根底にあるのは、監督である二村本人にとって都合のよい「童貞的な欲望と妄想」である。それゆえ二村と性的嗜好が合うAVユーザーにとっては抜群にオナニーしやすい映像であるといえるが、一方で「現実的なセックスではなく、ユーザーへのサービスとしてのエンターテイメントでもなく、二村の脳内でのオナニーを描いている」「他者が不在のセックスである」といった指摘もある。 二村AVに登場する男は(有名男優が演じていても)童貞的な存在で、にもかかわらず積極的な美女から理由なく愛される。濃厚なセックスは彼に都合よく進行し失敗せずに終わるので、彼はセックスを通じて「女という他者」を発見することがない。二村が流行らせ、日本のAVの一部に定着させたとされる演出としては、精巧な疑似ペニスをつけた女が射精したり、女とセックスしたりする(ふたなり) 女優同士がどちらも男装して、擬似ペニスも装着してレズる(擬似ホモ)である。 女性主導の性行為や、ジェンダーの混乱が主題である二村AVは、「女を凌辱したい」「イキまくらせたい」という欲望が主流である07年?のAVのトレンドからは外れたところに位置しているようだ。』となる。

 「童貞的な欲望と妄想」「セックスを通じての女という他者の発見」「他者が不在のセックス」「ジェンダーの混乱」というキーワードが「目側探偵事務所シリーズ」にクロスする部分でもある。

その監督が立て続けに撮っているのがこの「女装美少年3 (B-4) [DVD]女装美少年」シリーズである。「女の子でもシーメールでもない、私、普通の男の子なんです。」と言うキャッチフレーズには「従来の女装者」とも違うという内容も含められているようだが、それが成功しているかどうかは別として、少なくともより深く「ジェンダーの混乱」に入り込もうとしている指向性だけは確かに感じられる。
 「目側探偵事務所シリーズ」の作者としてはその「ジェンダーの混乱」の向こう側に見えるもの興味がある。
[PR]
# by saienji | 2009-11-14 14:53 | smf

蠱惑 アルーア

アンプラ映画評・書評コーナー  「I saw a movie.」より

リチャード・コールダー
アルーア

浅倉久志訳 トレヴィル発刊


リチャード・コールダーの楽しみ

 どうして、この人の事を忘れていたんだろう?私の創作の最も偉大なる近似値、リチャード・コールダー。
 それはおそらく彼が上品すぎるから?そして彼の第二作の作品を読まないのは私の嫉妬心から?
 以下、彼の作品の中で、ガイノイド泥棒である貧相な東洋の小悪党モスキートが、一皮剥いて人造美少女に化ける(元の姿に戻る?)シーンをご紹介します。
 この耽美、素敵です。モスキートを抱きしめたくなるから。

 暑さにひび割れたドレツサーの上に、クリームと、ドーランと、パウダーと、軟膏と、皮膚軟化剤を並べた。
 それから女物の服をそろえ、昼間の皮膚を脱ぎ捨てて、ドールに変身した。
 鏡の中の分身がウインクをよこした。
 この妹は繊細な子供っぽい顔だちで、まだ頬のあたりにおさな太りが残っている。
 そこにツッパリ風の感じをつけたしているのは、ボブヘァと、三百月形のいたずらっぽい目、ふたつの黒い太陽のように燃える目だ。
 ちょっぴりとがった唇は、欲望と侮蔑の両方を伝えている。
 そして肌は-人造女特有のしみひとつない、磨きぬかれた肌は-見るからに合成物めいている。
 きょうの衣装?豹の毛皮模様のボディ・ストッキングと、十五センチの錐刀。
 もちろん性器は(いつも厄介だが)スコッチテーブで固定し、恥丘のふくらみに見せかける。
 ほほえんで、犬歯をチェックした。完壁。
 ベッドに寝そべって、フィジヵル・カルチャーの雑誌を拾い読みした。
 ラジオが、ブワッ、ブワッとまわる無関心な扇風機相手に、恋の喪失と発見の物語をささやいている。
[PR]
# by saienji | 2009-11-08 17:21 | smf