ご冥福をお祈りいたします。

c0209138_1035617.jpg

 chikaの小説「激走!!まぼろしトラック」の主人公である斬馬仁は、映画『トラック野郎シリーズ』の星桃次郎が下敷きです。
 でもその容姿は年齢を重ねられた菅原文太さんです。
 斬馬仁の、破天荒に見えるけど実は頭が良くて、リベラルで、とってもチャーミングな生き方も菅原文太さん譲りなのです。
 ご冥福を、、。
[PR]
# by saienji | 2014-12-02 10:08 | smf

R100 パラレルエンディング

c0209138_16130997.jpg
 「プププ」は、日常的な事柄をまとめたエッセイ風の文章を、「Shrimp head;muddy」はヘビーな性の周辺を、そしてその中間を埋める感じで「Shrimp head」があります。
 ここに至るまでは、色々な試行錯誤を経て来ましたが、ようやく落ち着いた感じです。 で、ここはそれぞれを繋ぐガイドブックみたいなものとして活用するつもりだったのですが、実は余り出番がないのです。
 でもそれでは余りにココが、可哀想なので、今日は最近「Shrimp head」で書いた「R100」の補足文と、いうのか、ちょっとしたお遊びを書いてみたいと思います。
 それは「R100」の後半部分へのchika的アレンジです。
 映画では「唾液の女王様」の事故死をきっかけに、クラブ「ボンデージ」と片山との抗争と同時に、「映画内映画の試写会」という入れ子構造にウェイトが移っていくのですが、それを前半のシリアス展開をそのまま引き継ごうというものです。

 大地真央演じる「声の女王様」は、他人の声を真似るときに、その精度を高めるために声の主の心理まで深く探求し理解する必要があった。
 真似る声の持ち主が、強い情念を持つ場合は、それに彼女自身が影響される事があるくらいだった。
 片山の妻の場合は、それが起こった。
 「声の女王」は、片山の妻が植物人間になる前にビデオで撮られた記録物から、その声を真似たわけであるから、常識的には、片山の妻の情念に影響されたのではなく、それは「声の女王」自身の深層意識のなせるものだったはずなのだが、、。
 とにかく片山に復讐をしようとする女王達の中で、無意識に片山を守ろうとする「声の女王」の動きは、彼女が女王達のリーダー格の存在であることも手伝って、彼女たちの間に微妙な波紋を投げかけるのであった。
 ある者は、捨てた恋人の事を思い出し、ある者は苛められていた過去を思い出し、それらの記憶は、片山の必死の抵抗に触れる度に、彼女たちの女王様としてのアイデンティティーを脅かすまでに膨れ上がって行った、、、。

 まあ、そんな感じでしょうか。
 でもこの別シナリオで進める映画の最後のシーンは、原作に敬意を払って、100歳の映画監督が見せる喜悦の代わりに、片山が一生涯に一度きりの最大の快感を得ながら途絶死を迎える、というのがいいでしょうね。


[PR]
# by saienji | 2014-02-15 16:14

既刊本一覧

c0209138_13301185.jpg
リベンジャーズ 勃起する女
 相次ぐ国家の経済破綻と人口爆発が続く近未来。個人の復讐をビジネスに組み替え組織化する集団があった。その名をリベンジャーズ。ゴミの山に捨てられた瀕死の女がリベンジャーズの力を得て「仮面の男」となって復...

   
目川探偵事務所物語 アンプラグド・ワールド
 オカルト探偵の異名を持つ探偵の目川純は、ある日、実の兄から自分の娘・香代をレイプした男達を掴まえるように依頼される。その日から目川純は女装癖のあるニューハーフ志望高校生リョウと共に、皮剥男・銭高零を...

   
12人の「彼女」達

 人は自分のなりたいものになれる。しかし自分のなりたいものは、必ずしも他人が賞賛するものとは限らない。・・で、それがどうしたの、一度限りの人生は、他の誰でなくただ自分自身のものなんじゃない。 そんな生...

   
ストーカーハンター平成影男  =悪魔の縫い針=
 巻笛涼太はストーカーを狩る者、ストーカー・ハンターだ。 彼の特技はスキンスーツを着用し性別関係なく他人に成り済ます事である。今回のターゲットは、自分が惚れた男を解体して、その部分品を再構築し身長40...

   
アニメの夜
 鉄腕アトムや鉄人28号に代表される昭和ロボットアニメには、未来に対する「希望」があった。その希望は底抜けではなかったかも知れないが、少なくとも未来に行き止まりを感じてはいなかっただろうと思う。「アニ...


   
(ゾアントロピーホモセクシュアル)男女獣・緒羅竜児 エメラルドの爪先
『目がくらむほど見事なプラチナブロンド色の髪を、ヤンキー軍艦頭にした上、更にド派手なアロハを素肌に付けていた。オラ竜は、そんな異次元のファッションセンスに身を固めたキッチュなチンピラだった。』 ニュー...
 
艶狂歌

性のマイノリティが詠む短歌女装・ボンデージ・性倒錯・フェチ・ニューハーフのつぶやき

激走!!まぼろしトラック
 霊能トラック野郎とデリSM嬢のロードムービー物語。地方出張デートに赴いた羽蘭はニューハーフの女王様、フェテッシュプレイを得意としているのだが、それがかえってあだとなる。 クライアントは若い娘を拉致し...

取り扱いサイト

パブー


楽天KOBO



[PR]
# by saienji | 2013-12-25 13:33 | smf

永遠なるサーガ

 作家、栗本薫さんが死去されていた事をつい最近知りました。死去されたのはかれこれ9ヶ月前の話です。
 chikaの読書傾向がSFからミステリーに代わり、ミステリーに飽食したなら、いつか読んでもいいなと思っていた『グイン・サーガ』は、ますますその巻を重ね、「読めるものなら読みな」という面構えを見せ始めていました。
 実は、豹頭の英雄というコンセプトはchikaの愚作「夜の人形達」でパクらせてもらいました。
 ごめんなさい。って言っても、その言葉自体が届かない所に逝ってしまわれたんですね。
 でも人はいなくなってもその人が紡いだ物語は、人々の心の中に残ります。幸か不幸か、、。いや幸せに決まってるのか、、。
[PR]
# by saienji | 2010-03-06 12:19

性の操り人形師 Gagging Blowjob(倒錯の寄生虫)2

Gagging Blowjob(倒錯の寄生虫)補助考察資料

宿主を性転換させる寄生バクテリアChristine Dell'Amore
for National Geographic News
性の操り人形師
January 27, 2010

 急速にその数を増やしている寄生バクテリアがいる。このバクテリアは、宿主を性転換させて単為生殖化を引き起こすだけでなく、宿主を“気味の悪い怪物”に変身させてしまう。このような大惨事ともいえる生殖異常を引き起こす仕組みが最新の研究で解明された。その方法とは、免疫系を停止させることだという。
 キョウソヤドリコバチをはじめとする寄生ハチ3種のゲノムを初めて解読した研究者チームによると、バクテリアの一種であるボルバキアはハチの遺伝子を操作し、バクテリアの侵入に対して警報を発するタンパク質を抑え込んでしまうという。その結果、バクテリアに対する防御機構が機能せず、ボルバキアは悪事を働くことができる。

 この仕組みは、ボルバキアが宿主とするダニやクモ、線虫などの昆虫への感染でも使われている可能性がある。これらの生物すべてにおいて、宿主の生殖システムが改造される現象が起きているのだ。その結果は実に奇妙で、明らかにオスを不要とする生殖戦略が取られている。

 ボルバキアに感染したオスは、生殖能力のあるメスに性転換するか命を奪われる。メスの場合はオスを必要とせず、単独で子を作らせる。また感染したオスの精子は、非感染のメスと交配しても正常に受精できず子孫を残せない。

 オスがこれほどひどい仕打ちを受けるのは、ボルバキアは最小限の細胞質しかない精子に潜り込めないためだ。卵子に感染したメスのみがボルバキアを子孫に伝えることができる。

「人間の世界ではSFかもしれないが、昆虫の世界では正真正銘の現実だ」と、アメリカ、テネシー州のヴァンダービルト大学で生物学の教授を務めるセス・ボーデンスタイン氏は話す。同氏は今回の研究を行った国際コンソーシアムの一員である。

 ボーデンスタイン氏が“性の操り人形師”と呼ぶボルバキアは、フランケンシュタイン張りの改造を宿主に行うことで、ほかの寄生生物より優位に立っている。宿主を殺すことなく繁殖できるため、宿主の繁殖とともに宿主の子孫へと広がっていくチャンスが大きいのだ。

 事実、ボルバキアの生存戦略があまりに優れているため、“動物界でも特に成功を収めている寄生生物”と称される。ボーデンスタイン氏によると、クモやダニが属する節足動物の約70%に感染しているという。「腐った果物などに留まるハエはどこにでもいるが、ボルバキアが感染している可能性が高い」。

 ただし、ボルバキアの仕事は常に正確なわけではない。時には中途半端に終わり、半分オスで半分メスという“気味の悪い怪物”を作り出すことがあるという。

 ボルバキアが遺伝子に破壊行為を仕掛ける正確な方法はわかっていない。ただし、ボルバキアが単に感染するだけではなく、宿主のゲノムに自身の遺伝子の一部を移しているのは確かだ。

 具体的なプロセスははっきりしていないが、ボルバキアは宿主の生殖システムに感染することで、自身の遺伝子が宿主の遺伝子に吸収される可能性を高めているとボーデンスタイン氏は考えている。

 ボルバキアが宿主の間で広がっていく仕組みの中でも、特に宿主の子孫への伝播方法がわかれば、昆虫によって媒介されるマラリアやデング熱などの感染症の拡大を抑制できるかもしれないとボーデンスタイン氏は期待を寄せている。

 例えば、蚊に遺伝子を挿入し、マラリアの原因となるバクテリアへの耐性を持たせる方法は既にわかっている。ただし、この遺伝子をすべての蚊に広げる効果的な方法は見つかっていない。

 このような遺伝子をボルバキアのゲノムに組み込むことができれば、ボルバキアが“自動機械”の役割を果たし、蚊から蚊へと遺伝子が伝わるかもしれない。ボーデンスタイン氏は将来的な用途に期待しつつ、「基礎科学の見地からも非常に興味深い。バクテリアのように単純な生物が複雑な宿主の性や生殖を操作できるなんて」と今回の研究成果を喜んでいる。

 この研究成果は「Science」誌の1月15日号に掲載されている。
[PR]
# by saienji | 2010-02-02 16:19 | smf