<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

青い花

c0209138_17132172.jpg

以下の資料は、chikaが写真家土田ヒロミさんの写真集である「青い花」についての調べものをする途中、googlでキャッシュの形で発見したものです。
どうやらこの資料、現在では使われていないようなのですが、日本のトランスジェンダー文化を考える上で、非常に面白いものだと思いましたので、サルベージさせて頂きました。
下のデータベースの関係者の方で、何か問題があるようでしたら、ご連絡下さいませ。すぐに削除させて頂きます。(最遠寺近緒)


データベース:一般雑誌1971-1980年
[PR]
by saienji | 2009-11-22 17:15 | smf

目川探偵事務所シリーズ

 SMfのメインとなる「目川探偵事務所シリーズ」の主人公リョウは想念的な「ふたなり」存在である。
物語は、女子高校生香代がある夏の日、数人の男達に手ひどいレイプを受け、身体的精神的ダメージによって植物人間状態として生きながらも、その昏睡の中で永遠に続く夢の中で、第二のバーチャルな人生を歩む描写で成り立っている。
 その夢の中で、香代は「男根」を所有する同性愛の高校生男子生リョウであり、その美貌を生かして女装して、自分のバイト先である目川探偵事務所で活躍するのである。
 ここまで書けばおわかりかと思うけれど、この物語は、ある意味、香代の再生物語であり、目川探偵事務所の目川純はリアル世界では香代の叔父であり、香代の父親に該当するキャラクターも夢想世界に登場する。 もちろんリョウが戦うべき相手は、レイプ犯であり、自ら手を下さないまでもそのレイプ現場を冷ややかに見つめ続けた「傍観者」である。
 この「目川探偵事務所シリーズ」を書いている間中、(実際には「ふたなり」を描きたかったというのでもないのだろうが)AV女優さんの股間にリアルな模造ペニスを装着させて撮ったAVが気になっていた。二村ヒトシ監督の代表作の一つでもある『男根少女  森下くるみはペニスが生えた夢を見るか?』だ。
 二村ヒトシ監督につてWIKIの記事をまとめ直してみると『 どの作品も根底にあるのは、監督である二村本人にとって都合のよい「童貞的な欲望と妄想」である。それゆえ二村と性的嗜好が合うAVユーザーにとっては抜群にオナニーしやすい映像であるといえるが、一方で「現実的なセックスではなく、ユーザーへのサービスとしてのエンターテイメントでもなく、二村の脳内でのオナニーを描いている」「他者が不在のセックスである」といった指摘もある。 二村AVに登場する男は(有名男優が演じていても)童貞的な存在で、にもかかわらず積極的な美女から理由なく愛される。濃厚なセックスは彼に都合よく進行し失敗せずに終わるので、彼はセックスを通じて「女という他者」を発見することがない。二村が流行らせ、日本のAVの一部に定着させたとされる演出としては、精巧な疑似ペニスをつけた女が射精したり、女とセックスしたりする(ふたなり) 女優同士がどちらも男装して、擬似ペニスも装着してレズる(擬似ホモ)である。 女性主導の性行為や、ジェンダーの混乱が主題である二村AVは、「女を凌辱したい」「イキまくらせたい」という欲望が主流である07年?のAVのトレンドからは外れたところに位置しているようだ。』となる。

 「童貞的な欲望と妄想」「セックスを通じての女という他者の発見」「他者が不在のセックス」「ジェンダーの混乱」というキーワードが「目側探偵事務所シリーズ」にクロスする部分でもある。

その監督が立て続けに撮っているのがこの「女装美少年3 (B-4) [DVD]女装美少年」シリーズである。「女の子でもシーメールでもない、私、普通の男の子なんです。」と言うキャッチフレーズには「従来の女装者」とも違うという内容も含められているようだが、それが成功しているかどうかは別として、少なくともより深く「ジェンダーの混乱」に入り込もうとしている指向性だけは確かに感じられる。
 「目側探偵事務所シリーズ」の作者としてはその「ジェンダーの混乱」の向こう側に見えるもの興味がある。
[PR]
by saienji | 2009-11-14 14:53 | smf

蠱惑 アルーア

アンプラ映画評・書評コーナー  「I saw a movie.」より

リチャード・コールダー
アルーア

浅倉久志訳 トレヴィル発刊


リチャード・コールダーの楽しみ

 どうして、この人の事を忘れていたんだろう?私の創作の最も偉大なる近似値、リチャード・コールダー。
 それはおそらく彼が上品すぎるから?そして彼の第二作の作品を読まないのは私の嫉妬心から?
 以下、彼の作品の中で、ガイノイド泥棒である貧相な東洋の小悪党モスキートが、一皮剥いて人造美少女に化ける(元の姿に戻る?)シーンをご紹介します。
 この耽美、素敵です。モスキートを抱きしめたくなるから。

 暑さにひび割れたドレツサーの上に、クリームと、ドーランと、パウダーと、軟膏と、皮膚軟化剤を並べた。
 それから女物の服をそろえ、昼間の皮膚を脱ぎ捨てて、ドールに変身した。
 鏡の中の分身がウインクをよこした。
 この妹は繊細な子供っぽい顔だちで、まだ頬のあたりにおさな太りが残っている。
 そこにツッパリ風の感じをつけたしているのは、ボブヘァと、三百月形のいたずらっぽい目、ふたつの黒い太陽のように燃える目だ。
 ちょっぴりとがった唇は、欲望と侮蔑の両方を伝えている。
 そして肌は-人造女特有のしみひとつない、磨きぬかれた肌は-見るからに合成物めいている。
 きょうの衣装?豹の毛皮模様のボディ・ストッキングと、十五センチの錐刀。
 もちろん性器は(いつも厄介だが)スコッチテーブで固定し、恥丘のふくらみに見せかける。
 ほほえんで、犬歯をチェックした。完壁。
 ベッドに寝そべって、フィジヵル・カルチャーの雑誌を拾い読みした。
 ラジオが、ブワッ、ブワッとまわる無関心な扇風機相手に、恋の喪失と発見の物語をささやいている。
[PR]
by saienji | 2009-11-08 17:21 | smf